←表紙へ twitter google+ facebook flicker
アクセスカウンター





有山じゅんじ
ジャズ、ポップス、何でもありの音楽会。音の魔法で、おとぎの国へ


本名:有山 淳司、
1953年1月4日 65歳
出身地:大阪府
ジャンル:フォークソング ブルース
活動〜1968年 「五つの赤い風船」に参加。テレビ番組「ヤング720」に出演するなど、しばらく活動を共にしていたが、当時まだ中学生だったため高校受験を機に脱退。本人談によると母親がリーダーであった西岡たかしに「頼むからやめさせてくれ」と訴えたとのこと。
高校入学後は様々な音楽を聴きながら活動を続ける。現在まで多大な影響を与えているブラインド・ブレイクを知ったのは、この頃友達に「こんな雑音ばっかりのレコード聴けへんから、やるわ」と言われて貰った戦前ブルースのコンピレーションアルバムだった。
また、ブルースやラグタイムに関わらず、フェアポート・コンベンションやペンタグル等のブリティッシュフォークや当時のシンガーソングライターなども好んで聴いていた。大阪市西成区に住んでいた頃には「岸里のジェームス・テイラーと呼ばれていた」とは本人の談。
1973年;「上田正樹とサウス・トゥ・サウス」の結成に参加。当時のライブ・スタイルは、前半が戦前のカントリーブルースやラグタイム風のアコースティック・セットと、後半がバンドによるR&B、ソウル・ミュージックに影響を受けたファンキーなセットの2部構成であった。
1975年6月 アルバム「上田正樹と有山淳司」名義で「ぼちぼちいこか」発表。同年12月アルバム「この熱い魂を伝えたいんや」発表。前者ではライブにおけるアコースティック・セットをスタジオで再現。同年発表される「憂歌団」のデビューアルバムや「ウエスト・ロード・ブルースバンド」デビューアルバムに先駆けて発表された関西ブルース、ひいてはジャパニーズ・ブルースを代表する作品である。また、後者はバンドスタイルのライブ盤である。当初、メンバーは2枚組での発表を考えていた様だが、レコード会社の意向で半年ずらしての発表となったそうである。2枚のアルバムを残し、1976年解散。
1977年: 初のソロアルバム「ありのままじゅんじ」発表。ブルースやラグタイムに拘らない多彩なスタイルを自身のアコースティック・ギターの弾き語りを中心に展開。
その後はライブ活動を中心に活動。憂歌団のギター、内田勘太郎とのユニット「有勘」で活動していたのもこの頃。
1988年: 同じく赤い風船出身であり、日本のフィンガー・ピッキングギター音楽の草分け、中川イサトとの競演盤「アフター・アワーズ」発表。
1990年: 13年ぶりのソロアルバム「聞こえる、聞こえる」を発表。
1991年: サウス・トゥ・サウス再結成(それ以前にもライブでのみ80年に再結成されている)。京都大学西部講堂でのライブは当時WOW・WOWで放送され、「シンパイスナ・アンシンスナ」というタイトルで発表された。また、ソロアルバム「MAKE A JOYFUL NOISE」を発表。
1992年: サルサバンド、「ロス・ルンベロス」との競演盤「ハリー・ハリー・ハリー」を発表。自身の過去の楽曲を新たな解釈で再演する。
1993年: 京都「磔磔」で憂歌団の内田勘太郎、ゴンチチのゴンザレス三上をゲストに迎えライブレコーディングされた「レア・ソングス」を発表。
1996年: 「加川良 with TE-CHILI」に参加。アルバム「R.O.C.K」発表。ちなみに「TE - CHILI」の名は当時有山も好んで聴いていた「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」の愛称「レッチリ」にちなんだもの。その名のとおり、加川の「教訓I」などを爆音のロックサウンドで演奏している。
1998年: 「明日元気になれ」発表。憂歌団の木村充揮とのユニット「木村くんと有山くん」で同名のアルバムを発表。同時期にデビューした二人だがギタリストの勘太郎と違い、これまで余り交流はなかったそうである。
2004年: 6年ぶりとなるソロアルバム「Thinkin’Of You」発表。




Copyright (C) 2017 /2/10 jyoanjyoan HOME PAGE /CD MasamiTakeuchiAD Toshiaki Nagashma. All tanks for me,
All Rights Reserved. If have a Question,You send to An inquiry of banner advertising   thom7gashima@yahoo.co.jp