←表紙へ twitter google+ facebook flicker
アクセスカウンター



このボタンをクリック!!すれば申込めます。


瀬川信二 Shinji Segawa

瀬川信二(せがわ しんじ、
1975年6月13日 生まれは、北海道札幌市出身の日本のミュージシャン、ベーシスト、歌手、コヤブボード、スティック奏者。
ベーシストの子安文は妻。一児の父である。
ベース、スティック、自身で開発にも関わるタッピング楽器、グランド・ボードの講師、センチメンタル・シティ・ロマンスでベースとコーラスを担当。フ
ァンド・フレット・システムを採用したDingWallのベースを愛用している。 音楽活動の傍ら、横浜朝日カルチャー・センターで、ルーツ音楽に関する再定義を提案する講義や、自身のベース・スクールでの後進の育成にも積極的に行っている。リットー・ミュージックのベース・マガジンで、特集記事、インタビュー等も多数手がけている。アウトロー・カントリーのフォロワーとしても活動中。
来歴
1993年- フレディ・マーキュリーの死から2年後本格的に演奏活動を始める。同年から数年間、地元札幌で演奏活動。
1996年 - エンターテイメントビジネス総合専門学校ベース科講師に就任。
2000年 - イギリス在住のベースプレイヤー、クマ原田が名誉顧問をつとめる芸術会館・音楽科・ベース科の講師に就任。
2001年 - 上京し、アーティスト&作家として活躍。同年にM.Iジャパン東京校のB.I.T講師に就任。
2004年1月 - 30周年記念アルバム「30 years young」ツアー。
2005年 - タッピング楽器(スティック)の演奏に本格的に取り組む。ヒップホップアーティストDur Mollのアルバムにベースとリミックスで参加。
2006年 - 元かぐや姫のメンバーである伊勢正三と「伊勢正三withセンチメンタル・シティ・ロマンスLIVE2006」に参加。HALのデビュー10周年ライブに参加。
2007年 - 日本のタッピング楽器コヤブボードに出会い、インストラクション、ラジオ出演等をしながら演奏活動を始める。
2008年 - 日本のタッピング楽器奏者を集めたHOW MANY STRINGS? Touch Style Guitar Summit Japan Vol.1を主催。
2009年 - センチメンタル・シティ・ロマンスの結成35周年記念ライブ、ツアーに参加。
2010年 - センチメンタル・シティ・ロマンスの正式メンバーになる。
2011年 - センチメンタル・シティ・ロマンスのメンバーとして25年ぶりのアルバムやっとかめをリリース。鈴木羊の新作『V』をメンバー兼、プロデューサーとして参加し、リリース。竹内まりやの武道館公演にセンチメンタル・シティ・ロマンスとして出演。
2012年 - 鈴木羊の新作『Ⅵ』をメンバー兼、プロデューサーとして参加し、リリース。オセロケッツの森山公一とアメリカーナセッションを主催。戸田恵子主演、堤幸彦演出の舞台アクトレスにセンチメンタル・シティ・ロマンスとして参加。吹越満の舞台ポリグラフの舞台音楽を鈴木羊と手がける。
2013年 - 鈴木羊の新作『Ⅴ』をメンバー兼、プロデューサーとして参加し、リリース。オセロケッツの森山公一と西部里菜、子安文とともに[[ Great Expectations]を結成。シンガー・ソングライターの琵奈子とフラット・マンドリン奏者の井上太郎とともにThe Cashを結成し、デビュー・アルバムThe Cashをリリース。センチメンタル・シティ・ロマンスの結成40周年ツアー。
2014年 - 高橋和也のハンク・ウイリアムス物語に参加。 Bookend Studio Presents ジェリー・ジェモットベース・クリニックを主催。 フジロック・フェスティバルに加藤登紀子のバックで参加。テキサスで行われるサウス・バイ・サウス・ウエストに参加。
2015年 - 新型タッピング楽器、グランド・ボードの開発を開始。鈴木康博 LIVE 2015「この先の道」BAND SPECIALに参加。センチメンタル・シティ・ロマンスの結成40周年記念ライブの模様を堤幸彦監督が手がけたDVDをリリース。
共演    
山下達郎     加藤登紀子     鈴木康博&     鈴木茂     西城秀樹     小坂忠     つのだ☆ひろ     土岐麻子     坂下秀実     伊藤銀次     恩田直幸     鮎川誠     尾崎孝     西海孝     奥沢明雄     上綱克彦     大野真澄     伊勢正三     増田俊郎     竹内まりや     鈴木雄大     細井豊     野口明彦     中野督夫     告井延隆     EPO     稲葉政裕     加藤いづみ     斉藤哲夫     杉真理     村田和人     いとうたかお     五島良子     植村花菜     HAL     井上堯之     松田幸一     西部里菜     ジェリー・ジェモット     子安文 ネイサン・ベスト     モントレル・ダレット     森山公一     片山誠史     しゅんすけswingin'     鈴木羊     チャーリー・永谷     高橋和也     戸田恵子     工藤夕貴     松崎真人     富樫春生     井上太郎     琵奈子v     Birthday Suit     松崎真人

このボタンをクリック⇩すれば申込めます。


子安    文 Fumi Koyasu
◉M-2 高橋マコト(g,v) 子安フミ(b) ディエゴ(d) One more step,Never be a looser
子安 文(こやす ふみ)
英語表記:Foomy Koyasu, 女性、1964年5月9日 - )は、日本の音楽家(ベーシスト)、著作家、元記者。愛称フミ。エレクトリック・ベース、エレクトリック・アップライト・ベース、フレットレス・ベースを弾く。T.UTUでFUMIとしてベースを担当。朝日カルチャーセンターで瀬川信二と共にロック史とロック歌詞の英語教室を開催。
東京都中野区生まれ。ミュンヘンのルドルフ・シュタイナー学校卒業、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン文学部比較文学科中退。血液型A型。 父・子安宣邦は大阪大学名誉教授。母・子安美知子は早稲田大学名誉教授。夫はベーシストの瀬川信二。
子供時代は親の研究のためドイツ・ミュンヘン、アメリカ・シカゴ、ロサンゼルスを転々としていた。4歳のとき、小澤征爾の指揮による『第九』に衝撃を受け、5歳で久保田良作、堀米ゆず子の元でヴァイオリンを学ぶ。6歳で渡独、中公新書から出た子安美知子のベストセラー作『ミュンヘンの小学生』の主人公である。バイエルン交響楽団のコンサートマスターK.C.Stier氏、ソロ・ヴァイオリニスト、 J.Laurent氏の元でヴァイオリンを学び、ミュンヘン音大では音楽理論を学ぶ。一方、中学時代、ラジオで「子安ふみイエスタデイ・ワンス・モア」を聴いてポップスに目覚め、ギターを始める。 15歳でミュンヘンの繁華街でベーシストとして仕事を始め、黒人との交流も多かったため、ファンク、レゲエ、ソウルに目覚める。中公新書『私のミュンヘン日記』、学陽書房『ミュンヘン・ライヴ』では、シュタイナー学校卒業後についてミュージシャンの側から描いた。
慶應義塾大学に合格したが、日本の同年代とは話が合わず、浮いている存在だった。西ドイツに戻って、ミュンヘン大学に入学しドイツ文学と英語文学科を専攻、ミュージシャン活動を再開。オーストラリア・イギリス・ドイツの多国籍ビッグバンド、クロアチア・東ドイツの多国籍ガールズバンド、スティーヴ・ミラー・バンドのメンバーのブルース・トリオ、ヨーロッパ最大の移動サーカス団 Roncalli のツアーなどに参加。1989年に帰国後、リットーミュージック『ベースマガジン』での連載、ベース講座、取材、セミナーなどを担当。妊娠当初、米軍基地、大使館などでベースを弾く傍らミューズ音楽院の講師になる。T.UTUの全国ツアー、TV出演に参加、のちにアメリカ・ナッシュビルで演奏活動。
米軍黒人との結婚〜出産〜離婚についての記載を含む『ハッピー・シングルふんぞり返る』で1999年エッセイストデビュー。次いで『コツを掴んで誰でも弾ける!理論いらずのグルーヴ・ベース』『ベース・ライン自由自在』が続けてロングセラーになり、2007年に『Foomy'sベース・スクール』を開校。『カタチで戦略!見たまんまベースライン』を出版。
36歳より川崎市登戸新町を拠点に演奏活動をしている。使用ベースは主にフェンダーのジャズベース、エミネンス・アップライト、同じくフェンダーのフレットレスとバッカスの5弦ベース。T.UTUのTV出演当初、ヤマハのBB5弦ベースをモニターしたが、ディングウォールDingwallのSuper Jを愛用。ベーシスト瀬川信二とともにインターネットラジオOTONaMazuの音楽番組『Will The Circle Be Unbroken』のメインパーソナリティーを担当していた(2015年3月25日放送終了)。
1971年 ミュンヘンのヴァルドルフ学校入学。
1973年 インターナショナル・スクールDSTY転校。
1977年 ヴァルドルフ学校再入学。
1983年 ヴァルドルフ学校卒業。国立ギムナジウム入学。
1984年 アビトゥーア、ラテン語、英語、ドイツ語技能検定1級レベル。
1984年 慶應義塾大学入試合格、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン入学。
◉TV出演 『ミュージック・ステーション』テレビ朝日
『ミュージックフェア』フジテレビ
『ドイツ語講座』NHK教育
『美のメロディー・音楽の女神』NHK-BS2
『グループ現代』NHK総合
◉著者
『私のミュンヘン日記―シュタイナー学校を卒業して』(1986/3・中公新書)
『ミュンヘン・ライヴ―フミのトンガリ青春日記』(1990/05・学陽書房)
『菜多沙 (ナターシャ)—母と娘のリレーエッセイ』(1993/11・フレーベル館 )- 子安美知子との共著
『音楽選書(82)いつもいつも音楽があった』(1998/12/10・音楽之友社 )
『ハッピー・シングルふんぞり返る』(2001/11/29・リットーミュージック )
『ベーシストのための全知識』(1998/12/10・リットーミュージック)
『ベーシストのための実践能力向上BOOK ベースライン自由自在』(2003/3/22・リットーミュージック )
『カタチで攻略!見たまんまベースライン(CD付)』(2006/3/22・リットーミュージック )
『コツを掴んで誰でも弾ける! 理論いらずのグルーヴ・ベース[DVD]』(2008/8/20・リットーミュージック)

このボタンをクリック⇩すれば申込めます。



フロイド・ヴァンラニンハム Floyd VanLaningham


カリフォルニア州Fresno(フレズノ)で生まれたフロイドは、幼いころから父親や叔父の影響でカントリーに親しみ、当然のようにカントリーミュージックに携わるようになったという。
20歳で初めて自らのバンドを組み地元フレズノで活動していたが、その後、拠点をナッシュビルに移すこととなる。 2003年にアルバム “Nice Guys Finish Last” をレコーディングし、この中の “Looking Through The Window” が映画 「The Legend of JAKE KINCAID」 の挿入歌となる。 さらに2006年のアルバム ”Here I Am Again” の “No Grave For The Flowers” が全米クリスチャンカントリーチャートの2位にランクインし、16週間もの期間トップ10をキープ !!

“This is the man who’s gonna bring back country music!!!”

『Music Row Records, Nashville』

と称賛を受け、俄然注目されるようになったのである。
 ナッシュビルでは Merle Haggard や Buck Owens を始め Tim McGraw / Tracy Lawrence / Travis Trilt / Hal Ketchum / Darrel Worley / Tracy Bird / Marty Raybon / T.Graham Brown / Sawyer Brown / David Frizzell / Lacy J Dalton 他、多数のミュージシャンらと共演している。
 太平洋諸国にある米軍基地を廻るパシフィックツアーをきっかけに来日。日本(特に日本のビール!?)をすっかり気に入った彼は、2007年夏にリリースしたアルバム “I’m All Country” に、日本で作ったという2曲を収録している。
 同年より日本でも活動を開始。日本の屈指のミュージシャンらとバンドを結成し、2009年5月にアルバム“OZARK ROAD”を完成させたばかりである。


Copyright (C) 2017 /2/10 jyoanjyoan HOME PAGE /CD MasamiTakeuchiAD Toshiaki Nagashma. All tanks for me, All Rights Reserved.
If have a Question,You send to An inquiry of banner advertising   thom7gashima@yahoo.co.jp