←表紙へ twitter google+ facebook flicker
アクセスカウンター


二人のビートルズ、
それぞれのビートルズ(告井延隆と近藤房之助)
告井 延隆(つげい のぶたか、1950年12月19日 - )
告井延隆ミュージシャン(ボーカリスト、ギタリスト)。ロックバンドであるセンチメンタル・シティ・ロマンスの元リーダー。通称「つーさー」。出身地は名古屋市。センチメンタル・シティ・ロマンスの活動以外にも様々なアーティストへのライブサポート、レコーディング、編曲をつとめる。現在は主にソロ活動、および加藤登紀子のサポートを行っている。趣味は将棋で、囲碁・将棋チャンネル放送の番組「お好み将棋道場」(2013年6月18日収録、同年8月31日放送)において飛車落ちの西尾明六段と対戦し勝利するほどの腕前。長男はアレンジャー、プロデューサーの告井孝通。
近藤房之助(こんどう ふさのすけ)愛知県刈谷市出身。
近藤房之助子供あり。通称は「房さん」。 子供の頃から油絵をやっていて、友達と2人展や3人展をよくやっていた。 ビートルズなどのヒットチャートを追いかけていたが、ブルースに出会いブルース一辺倒になる。 きっかけは、喫茶画廊の店主が隣でやっていた古本屋で、"Freddie King is a Blues Master"というアルバムを買ったことで、ブルースにはまってしまう。 最初にやったのはドラムで、町内でドラムセットを持っているのは近藤1人だった。 「音楽では食っていけない」という思いと服飾の仕事への憧れから、高校を出て一旦、京都のテキスタイルデザイン会社で住み込みで働く。 大学入学(後に除籍)のため刈谷に戻る。 京都の先輩格の「ブルース・ハウス・ブルース・バンド」にスカウトされ、「音楽でやっていけるのか」と不安を抱えつつ京都に戻り、8年在住。バンドより数倍ギャラがよかったナレーションの仕事で生計を立てる。 近年は自転車に凝っている。


告井延隆・略歴
1972年-松吉久雄、洪栄龍によって結成された乱魔堂の強化ギタリストとして参加。
1973年-乱魔堂の解散後、中野督夫、細井豊らとセンチメンタル・シティ・ロマンスを結成
1995年-加藤登紀子のツアーのサポートで函館に向かった際に加藤らと乗った搭乗機が全日空857便ハイジャック事件に遭遇、 告井自らトイレから携帯電話で外部に情報を伝え、事件解決に一役買っている。
告井延隆2008年-ビートルズの楽曲をアコースティックギター1本でコピーするプロジェクトを始め、57歳にして初のソロアルバム「SGT.TSUGEI'S ONLY ONE CLUB BAND」を発表。
2013年-センチメンタル・シティ・ロマンスを脱退。
関連項目
加藤登紀子    竹内まりや    中島みゆきのアルバム「御色なおし」    氷室京介のアルバム「FLOWERS for ALGERNON」    うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー    全日空857便ハイジャック事件 - 加藤らと共に遭遇したハイジャック事件。告井が密かに携帯電話をトイレに持ち込み、機内の状況を警察に伝えて事件解決に貢献した。


近藤房之助・略歴
1951年 - 愛知県刈谷市に生まれる
1973年 - 愛知県名古屋市今池にあったブルース・ライブハウス「おーぷんはうす」を拠点にして、永田鹿悟、和田昇、棚橋善夫らと日本ブルース愛好会名古屋支部を結成。
1976年 - BREAK DOWNに参加、一年間で120カ所もの全国コンサートを行う。
1986年 - BREAK DOWN解散。
1987年 - 近藤房之助 & ONE ARM結成。織田哲郎、TUBE、亜蘭知子らと「渚のオールスターズ」に参加。
1989年 - 渚のオールスターズ活動休止。
1990年 - アルバム「HEART OF STONE」でソロデビュー。同時に、B.B.クィーンズを結成。
1992年 - B.B.クィーンズ活動休止。24時間テレビでカンボジアの取材を行う。
1993年 - 『前田亘輝 & HIS BLUES FRIENDS』に参加、オリジナル2曲収録。
2010年 - テレビ東京系アニメ「しまじろう ヘソカ」エンディングテーマ及び大塚製薬「カロリーメイト」のCMソングを担当。
2011年 - 坪倉唯子、増崎孝司、宇徳敬子とB.B.クィーンズを再始動。
2016年 - 1月28日、フジテレビNEXTの坂崎幸之助のももいろフォーク村NEXT#16に出演(生放送)。ももいろクローバーZ、坂崎幸之助(村長)、坪倉唯子、ポール・ギルバート、武部聡志、加藤いづみと共演。
シングルレコード
近藤房之助 YOU CAN GET THE WOMAN THAT YOU WANT (1987) - 近藤房之助 & ONE ARM
上を向いて歩こう (1990/05/21)
東芝「BSバズーカ」CFイメージソング
BOMBER GIRL (1992/01/21) - 近藤房之助 & 織田哲郎
白いブランコでおやすみ (1992/02/21) - 高田純次 & 近藤房之助
Good-by morning (1992/11/21) - 宇徳敬子 & 近藤房之助
夢を継ぐ人 (1992/12/16) - 近藤房之助 & Quncho
夢の尻尾 (1994/04/23)
NHKドラマ新銀河「つばさ」テーマ曲
クレイジー節〜昭和讃歩〜(2008/08/13) - 木村充揮×近藤房之助
フジテレビ「みんなのニュース内"ニュースのうた"コーナー」 2015年4月木曜日放送曲
アルバム
You'll never break my "HEART OF STONE live at PIT INN" (1990/01/25) - ライブアルバム
GO BACK TO De BASIC THING (1990/07/21) - ライブアルバム
Unchained Rythm (1991/4) - ライブアルバム
My Innocent Time -Live at Roppongi PIT INN- (1992/03/21) - ライブアルバム
A LOW DOWN DIARY SHAME (1994/05/21)
23A Benwell Road (1994/09/21) - FUSA and GRUB STREET
PAPA GORDON and BABY FUSA rough mixed 〜Live at SHINJUKU LIQUID Room〜 (1996/08/21) - ライブアルバム
gravel road (1996/08/21)
in a deeper pocker (1997/09/19) - 近藤房之助 & The Deepest Pocketi
I'm on my way up again 〜Live at blues Alley Japan〜 (2000/05/20)Fusanosuke & His B&O
Mo' Deeper Pocker (2001/04/01) - 近藤房之助 & The Deepest Pocket
TAKE ME BACK TO THE BLUES (2001/11/14) - 近藤房之助 & THE PLACE
A BIG TRAIN COMMIN (2003/10/22) - 村上"PONTA"秀一 & 近藤房之助
complete of 近藤房之助 at the BEING studio (2003/10/25)
HERE WE GO AGAIN (2005/04/21) - 村上"PONTA"秀一 & 近藤房之助
男唄〜昭和讃歩〜 (2007/07/18) - 木村充揮×近藤房之助
クレイジードッグス (2009/07/22) - 木村充揮と「クレイジードッグス」として 1968 (2010/07/07)
1968 vol.2 〜DOWN HOME〜 (2012/10/03)
1968 vol.3 〜NOVEMBER〜 (2013/11/27)
レコーディング参加
メスカリン・ドライヴ「笑いっぱなしの島」「パパは誰」
ZARD「Listen to me」「MIND GAMES」
ZYYG,REV,ZARD&WANDS「果てしない夢を」
菅崎茜「beginning dream」
T-BOLAN「Heart of Stone」
Litz Co.(リッツカンパニー)「青い夏に身をまかせ」
山沢大洋 アルバム「music tree」
DEEN「翼を広げて」
大黒摩季「ら・ら・ら」
CM
日産自動車・セドリック(Y32型)(1991年6月 - )(CMナレーション出演)
シーチキンマイルド(オリジナルCMソングを歌唱)
サッポロビール ヱビス<ザ・ホップ> 『グリーンベンチ篇』 (2007年4月 - 5月)

↑  12/05二人のビートルズ………

Copyright (C) 2017 /2/10 jyoanjyoan HOME PAGE /CD MasamiTakeuchiAD Toshiaki Nagashma. All tanks for me,
All Rights Reserved. If have a Question,You send to An inquiry of banner advertising   thom7gashima@yahoo.co.jp