←表紙へ twitter google+ facebook flicker
アクセスカウンター


伊藤 秀志
いとう ひでし・1954年9月11日生まれ
伊藤 秀志は、東海地方を中心に活動している歌手・タレント。秋田県由利郡大内町(現 由利本荘市)出身。
秋田県立本荘高等学校卒業、中京大学中退[1]。歌手活動の他に、名古屋のCBCラジオを中心とした
ラジオのディスクジョッキーを務めており、名古屋を代表するタレントの一人である


経歴など
伊藤 秀志【1974年】
中京大学文学部心理学科(現 心理学部心理学科)を中退して名古屋女子大小路でギター流しをしているところをスカウトされ、ラジオのディスクジョッキーとしてデビューする。デビュー当時の芸名は「秋田の蓄音機」。
以後、名古屋を中心に歌手及びタレント活動をしている。
【2004年4月→2005年4月1日】
メ〜テレで夕方帯の生放送番組「ぱっぱ屋」の司会を務めた。
【1984年】
第2回・第3回「全国高等学校クイズ選手権」で、中部大会の司会を務めた。
【1988年→1992年】
朝日放送で放送された「晴れ時々たかじん」にレギュラー出演する等、一時期は関西まで活動の幅を広げていた。
【2003年3月】
当初は東海地区限定で発売していた方言によるマキシシングル「大きな古時計・ZuZuバージョン」を全国で発売。オリコンシングルチャート総合17位を記録、最終的に20万枚以上を売り上げた→このCD発売は大きな話題となり、多くのテレビ・ラジオ番組や雑誌で採り上げられ、
これまで以上に活動の幅を広げるきっかけとなった。
【2006年】
東京書籍発行の中学2年用国語教科書『新しい国語 2』に同曲が掲載された。
【2004年12月10日】
つボイノリオと宮地佑紀生と共に、自主制作による振り込め詐欺撲滅ソング「オレオレ詐欺のドナタ」を発売する。
【2005年1月26日】
TBSラジオで全国ネット番組を担当している生島ヒロシをはじめとして、北海道放送・東北放送・静岡放送・毎日放送・山陽放送・RKB毎日放送・
琉球放送の代表アナウンサーを一堂に集めた愛知万博公認ソング「日本まるごと!万博音頭」を発売し、
全国的に注目を集める。同年4月10日に、CBCラジオ主催で万博長久手会場に一堂に集めイベントを行った。
【2005年11月25日・12月2日・12月9日】
中日新聞で毎週金曜日の朝刊に折り込まれているテレビガイドの2面にある「聞かせて帳」にて、連載された。
同じく名古屋を拠点に活動するつボイノリオを長年に亘って慕っており、師弟のような関係にある。また、高田文夫とも親交があり、ニッポン放送『「高田文夫のラジオビバリー昼ズ』に何度もゲスト出演している。
【2009年2月】
日本テレビの『誰も知らない泣ける歌』で、大きな古時計の秋田弁バージョンを披露した。
その時に、「フランス語にきこえる。」と紹介された。
【2017年】
現在は、自身が経営するライブハウス「GEM STUDIO」での活動を中心に、
東京周辺でもときおりライブを行っている。


↑  9/17・伊藤秀志のトーク&ライブ

Copyright (C) 2017 /2/10 jyoanjyoan HOME PAGE /CD MasamiTakeuchiAD Toshiaki Nagashma. All tanks for me,
All Rights Reserved. If have a Question,You send to An inquiry of banner advertising   thom7gashima@yahoo.co.jp